梅雨シーズン到来! 簡単にできるお風呂のカビ対策

梅雨のシーズンは、カビが気になりますよね…。
カビとは肉眼で観察される微生物の集落(コロニー)のことを言います。
人によっては、食中毒やアレルギーの原因になることもあるので、家の中にカビを増殖させないことが大切です。繁殖しやすい梅雨の時期に入る前に、カビの予防と対策をしておきましょう。
その中でも今回は、お風呂のカビ対策の方法と、さまざまなタイプのカビ取り剤をご紹介します。
カビがない、ピカピカなお風呂の状態を保ちましょう!

imasia_6599758_M

普段からやっておきたいカビ対策は「換気」と「熱湯」

imasia_5633210_M

カビは、放っておくとどんどん黒くなり、掃除しても取れにくくて大変ですよね。カビが増殖する前に普段から気を付けておくといい方法があります。
それは「こまめに換気すること」です。
お風呂から上がったら扉をすぐに閉めてしまうという方も多いと思いますが、お風呂に窓や通気口がある場合を除いては、扉は完全に閉めないほうがいいです。
すぐに扉を閉めてしまうと、湿気がたまり天井や壁にカビが増殖しやすくなるからです。お風呂上がりは換気を忘れないようにしましょう。
さらにおすすめなのは、お風呂上がりに床や壁に熱湯をかけることです。殺菌効果があり、カビ予防にもなるのでぜひ試してみてくださいね。

カビ取り剤を買う前に、まずは水洗いを試そう

カビ取り剤を買う前に、まず水洗いをしてみてカビが落ちるかを試してみましょう。カビ取り剤を使わなくても、カビがきれいに落ちる場合もあるからです。
水洗いを試してみてそれでも落ちない場合には、カビの状態にあわせてカビ取り剤やカビ取りスプレー等を買うのがおすすめです。

たくさんあるカビ取り剤は、用途によって使い分ける

SONY DSC

カビ取り剤も、いろんな種類のものがあります。
わたしの経験上ではスポンジなどでこすって取るものより、花王「強力カビハイター」などの塩素系カビ取り剤でカビを取る方が楽なのでおすすめです。
塩素系カビ取り剤は塗って数分から数十分間そのままにしておくだけで殺菌が進み、漂白されてカビがみるみる消えていきます。
また、コジット「バイオお風呂のカビきれい」など、浴室の天井中央に取り付けるタイプのカビ取り剤もあります。悪臭の原因となる物質も抑えてくれるので使ってみてもいいと思います。
賃貸で古い浴室の場合は、ライオン「ルック おふろの防カビくん煙剤」のような煙剤をつかうのもおすすめです。浴室全体のカビをまるごと除菌してくれるので便利です。煙剤は定期的な使用で防カビ効果が高まり、カビ取り掃除も楽になりますよ。
用途によってカビ取り剤を使い分けるのもおすすめです。きちんと用法を確認した上で購入しましょう。

花王「強力カビハイター」
http://www.kao.com/jp/haiter/hit_bath_superstrong_00.html

コジット「バイオお風呂のカビきれい」
http://www.cogit.co.jp/goods/

ライオン「ルック おふろの防カビくん煙剤」
http://www.lion.co.jp/ja/seihin/brand/042/22.php

まとめ

カビが増殖してしまってからお掃除をするのでは遅いかもしれません。
カビが発生する前にきちんと予防し、もし発生してしまってもすぐに対処できるようにしておきましょう。
ぜひ参考にして、しっかりカビ対策をしてくださいね。