話題のココナッツオイルで作る! おすすめレシピ3品

ミランダ・カーさんを始め、モデルたちの間で話題のココナッツオイル。
「ココナッツオイルって、どう使えばいいの?」と分からない方もいると思います。
わたし自身もココナッツといえば甘い香りのイメージが強く、どういう食事にあうのかわかりませんでした。
でも実際に使用してみると、クセがなくとっても使いやすいことが判明!
脂肪燃焼や便秘解消などの効果もあって、身体にも美容にもいいなんてすばらしいですよね。
そこで今回は万能なココナッツオイルを簡単に取り入れられるおすすめ料理レシピをご紹介します。

imasia_14892167_M

ワンスプーンで簡単♪ 「黒ごまきなこバナナスムージー」

Banana milk smoothie
※写真はイメージです

いきなりお料理やお菓子に使うと抵抗があるかもしれません。まず初心者の方やお仕事で多忙な方におすすめの取り入れ方は、ココナッツオイルをスムージーに入れて飲む方法です。
ココナッツオイルはドリンクに混ぜて飲めるのですが、コーヒーや紅茶に直接入れると香りが強すぎるかもしれません。まずはグリーンスムージーなどのスムージーに混ぜてみてください。とても相性がいいとされています。
わたしは簡単に作れて、朝のエナジーチャージになる「黒ごまきなこバナナスムージー」に混ぜて飲むのが好きです。黒ごまきなこの香りで違和感もなくコクが出るのでおいしく飲めますよ。

●材料
・凍らせたバナナ:1本
・黒ごまきな粉:お好みの量
・ヨーグルト:70~100グラム
・ココナッツオイル:大さじ1

作り方
全ての材料をミキサーに入れます。

簡単なので、ぜひお試しください♪

「フレンチトースト」に香り付け!

imasia_10526746_M
※写真はイメージです

朝ごはんにぴったりな「フレンチトースト」。パンを卵液に浸しておく時間は3時間以上がおすすめ。お休みの日の前夜に仕込みをしてタッパーやジップロックに入れて寝かせておきましょう。
私のいちおしレシピをご紹介します。

●材料
・卵:1個
・ミルク:100cc
・はちみつ(砂糖の代わり):お好みの量
・バゲット:厚切りにしたバゲット2個(食パンよりも軽い仕上がりになるので、バゲットのほうがおすすめです。)
・ココナッツオイル:大さじ1~2くらい

作り方
(1) 卵とミルクとはちみつで卵液を作り、バゲットを数時間浸しておきます。
(2) 卵液がたっぷり浸み込んだバゲットを、フライパンに熱したココナッツオイルで焼きます。

焼きあがるとほんのり甘い香りがして、お店で出てくるような仕上がりになります。ちょっとリッチな朝ごはんのできあがりです。

おかずとしても実力発揮! 「スパニッシュオムレツ」

imasia_5693751_M
※写真はイメージです

最後はおかずのメニューをご紹介します。こちらもお休みの日のゆっくりとしたブランチにおすすめです。

●材料
・お好きな根菜類:1/2~1本 (「ラタトゥイユ」を作るイメージで、ゴボウやニンジンなどの野菜を選ぶのがポイントです)
・卵:2~3個
・塩コショウ:適量
・ココナッツオイル:大さじ1~2くらい

作り方
(1) 根菜類を全てさいの目切りにします。
(2) ココナッツオイルをフライパンで熱したら、野菜を投入して炒めます。
(3) 全体に火が通って野菜がしんなりしたら、塩コショウをした溶き卵をフライパンへ入れます。
(4) しばらく置いて、片面に火が通ったのを確認してからひっくり返し、もうしばらく様子を見ます。
(5) もう片面も表面が膨らんできたのを確認したら、お皿にひっくり返し盛り付けをして完成です。

ココナッツの甘い香りがして、いつもの「スパニッシュオムレツ」にひと手間加わった完成度になります♪
コクがプラスされて卵との相性もいいですよ! 違和感なく馴染むのでこちらもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか? ココナッツオイルは比較的食事に取り入れやすいアイテムです。ここでご紹介したもの以外にもいろいろな食事にあわせて、お気に入りの取り入れ方を見つけてくださいね。