お手軽なのにゴージャスな気分? クラシックインテリアのすすめ

引っ越しして間もない一人暮らしのお部屋には段ボールが積まれていたり、家具もそろっていなかったり、ガラーンとしますよね。
一方で、住み続けてマンネリ化したお部屋も、引っ越したばかりのお部屋にいるのと同じくらい、殺風景でむなしい気持ちになることもあります。
では、そんな殺風景なお部屋は、どうすればすてきなお部屋になるのでしょうか。
わたしがおすすめしたいのが、クラシックなインテリアを取り入れるということです。
今回は、わたしが実際に試して感じた、クラシックアイテムを取り入れる上で大切なポイントをご紹介します。

sunny romantic bedroom designed in orange pastel colours

大事なのはサイズ感

デザインは、自分の好みの柄を選んでいただいてもかまいませんが、クラシックなアイテムを取り入れるのに大事なのはサイズ感です。お部屋の中では、キッチンにある家電製品くらいの存在感を出せればいいと思います。存在感がありすぎて目立ってしまったり、逆に小さすぎて変化を感じられなかったりするので、取り入れるサイズには注意しましょう。

初心者なあなたには小物がおすすめ

imasia_5936104_M

中にはお部屋も小さくて、ライトやベッドカバーの替えを買っても、以前使っていたものを保管しておく所がないという場合もあると思います。
そんなときは、「Franc franc」などの雑貨屋さんで取り扱っている、クラシックな小物を取り入れるだけでもかなり印象が変わります。フレグランスなど使い切りができるアイテムもあるので、お部屋のインテリアに合わなくても、大きな痛手を負うこともないでしょう。
まずは、こういった小物から変えてみて、自分好みのデザインを見つけたうえで、大きな家具をそろえてもいいかもしれませんね。

お手軽なクラシックインテリアといえば、ライトやベッドカバー

imasia_12763054_M

「タンスやベッドなどの大きな家具は失敗も怖いし、取り替えにくい」と思っているあなたにおすすめなのはライトやベッドカバーです。これらのアイテムをクラシックなものに変えるだけでもお部屋が落ち着いて見え、ゴージャスな雰囲気になります。価格帯も安いものが多いので経済的です。
特にライトに関しては電球の種類を変えるだけで、明るさや色合いのバリエーションが増えます。まずは電球から試してみていいかもしれません。

お部屋の雰囲気をガラリと変えるには、派手なクラシック柄

家具の中で最も大きい変化を得られるのはソファやテーブル、カーテンだと思われます。お値段が高いものもあるのでなかなか変化させるのが難しく、部屋の印象がまとまっていないと選ぶのも難しいですよね。
でも、そんなアイテムだからこそ選ぶときは念入りにしましょう。クラシック柄の中でも、飽きがこない派手なものを採用してみてください。その方が気持ちの変化は大きく、テンションが上がり、気分もリフレッシュできます。

まとめ

クラシックインテリアについて小さなものから大きなものまでご紹介しましたが、いかがでしょうか。
引っ越したばかりのお部屋や、マンネリ化してパッとしないお部屋には、ぜひクラシックインテリアを取り入れてみてください。きっとすてきなお部屋になると思います。