結婚式にお呼ばれしたら・・・?気を付けたい服装のマナー

20代半ばを過ぎると第1弾と呼ばれる結婚式お呼ばれブームが来ると言われています。一人暮らしで親と離れていると冠婚葬祭のマナーが聞けなくて困ることもありますよね。初めての結婚式参列が決まってから気になるのが服装のマナー。どんな服装でいけばいいの?結婚式の服装タブーってあるの?と思ったことはありませんか。結婚式に参列された方でも日常的ではないことだから今一度確認して「出来る女子」になりましょう♪マナーを身に着けることは大人のたしなみですよね。結婚式というお祝いの場で恥ずかしい思いをしないようにチェックしてみてください。

imasia_14124769_M

結婚式にふさわしいお洋服は?

結婚式は、花嫁が主役なので花嫁より目立たないことが必須です。
また、ウエディングドレスと同じ白い服装は避けましょう。
どんな季節でも、長袖はあまりふさわしくありません。どうしても寒かったらストールやボレロで対応しましょう。

シフォンやサテンのワンピースが主流です。スカート丈は膝が見えるくらいまではOKです。あまり短すぎると注目をあびてしまう可能性もあるので、あくまで花嫁が主役ということを忘れずに。ホルターネックやオフショルダーなどいつもは着ないワンピースでも華やかな場所なら挑戦できるかもしれませんね。

色ですが、ウエディングドレスの白以外なら比較的どの色でも大丈夫です。華やかな場なので明るい華やかな色がいいのではないでしょうか。黒でも不可能ではないですが、お祝いの場なので明るい色をおすすめします。また、結婚式用にワンピースを買うときにどうしても「今後着ることがあるかもしれないから」などの理由で無難な色を選びがちですが、状況が変わったり、歳を重ねると好みのテイストが変わる可能性もあるので、今着たいワンピースを選ぶことをおすすめします。

結婚式にふさわしいアクセサリーは?バッグは?靴は?

結婚式にふさわしいアクセサリーは、パールネックレスですね。
大人になったらパールのネックレス・イヤリングやピアスは是非揃えておきましょう。冠婚葬祭どのシチュエーションでも使用できますよ。バッグは小ぶりなものがいいですね。チェーンバッグなら肩掛けしたり、手で持ったりできるのでいいと思います。カメラと携帯電話と身だしなみアイテムが入ればOK、もう少し荷物があるという方は、バッグを大きくするのではなくサブバッグにて対応しましょう。その際は結婚式にふさわしいサテンなどの生地のバッグにしてくださいね。キャンバス地のサブバッグは、結婚式の華やかな場所にはふさわしくありあません。
靴は、ミュール以外のサンダルやヒールにしましょう。
かかとのつっかけがない靴は失礼に思われることがありますので避けるべきです。
華やかな場所なので是非ヒールの高さは高いほうがいいですね。

結婚式にふさわしい小物は?

結婚式と言えば忘れてはならないのが、ご祝儀。ご祝儀も着飾りましょう。ここでのアイテムは「ふくさ」です。鞄からごそごそと出していませんか?ご祝儀袋が鞄のなかでもみくちゃにされない様に、そしてなによりお祝いの気持ちも含めて「ふくさ」に入れて受付の方に渡しましょう。

服装のところでも触れましたが、女性は薄着をしているのでストールやボレロの準備をしていったほうがよいでしょう。ストールやボレロは小物アイテムなので、季節によって素材を変えるのもオシャレですね。冬ならベルベット、夏ならさわやかなレースなど。
結婚式と言えば、お洋服のみならずヘアも華やかにしますよね。
ダウンスタイルも素敵ですが華やかな場にふさわしく、アップスタイルにしてヘアアクセサリーを添えてもいいですね。

まとめ

結婚式に初めてお呼ばれした方、結婚式は何回か出ているけれど今一度確認しておきたい方も参考になったでしょうか。
次回の結婚式からあなたは、「できる女子」ですね。

華やかなお祝いの場としてこれ以上ないのが「結婚式」です!
忘れてはならないのが「花嫁」が第一ということ。
それを忘れないでコーディネートすればOKです。