初めての一人暮らしにおすすめの物件の選び方とチェックポイント

心機一転、新しい土地で生活を!
今後一人暮らしをしたいと考えている人も多いはず。新しい生活のことを考えていると楽しいですね。
ただ、物件選びをしてみると意外に時間がかかります。いろいろ考えて選んだ物件でも、いざ住んでみると予想外のトラブルが発生してしまうこともあるかもしれません。
そこで、初めての一人暮らしをする方におすすめの物件の選び方とチェックポイントを紹介します。
いい物件を選んで快適な一人暮らし生活を始めましょう!

imasia_10079400_M

駅近の物件で最寄り駅からのルートは要確認

imasia_5664867_M

朝は忙しく、夜は仕事で疲れている人が多いのではないでしょうか?
そんなときに家が駅から遠いと、歩いて帰るのも嫌になってしまいます。
そんなときは駅近の物件をおすすめします。
一般的に、物件情報では徒歩1分が80mにあたると言われてます。自分が歩けそうな距離を考えて物件を選びましょう。
また、駅から家までの道で危険そうな場所はないか確認することが大切です。
最近は実際歩かなくても地図系アプリである程度確認することができます。
街灯が多く、人通りが多い道を通って帰れるところだと、夜遅く帰るときに少し安心できます。

家の近くのお店をチェック

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は、コンビニよりもスーパーが近くにある物件をおすすめします。
スーパーの方が比較的価格が安いですし、野菜、肉、魚、お惣菜、お菓子、飲料水などあらゆる商品が揃っていますので、買い物に便利です。ただ、スーパーの閉店時間もチェックしておきましょう。帰りが遅くなったときに買い物にいけるお店のチェックも忘れずに。
また、飲食店の上や隣に住むのはあまりおすすめしません。
油っぽい匂いが外に干している洗濯物についてしまったり、ゴキブリなどの虫やネズミが発生する原因になったりする可能性があるからです。適度に飲食店から離れた物件を選びましょう。

南向きが必ずしも良いわけではない

imasia_9858806_M

「南向き=日当たり良好」そんなイメージがある人も多いのでは?
確かに南向きは日当たりは良好です。ただ目の前に大きな建物があれば話は別。
建物に遮られて南向きでも日は当たりません。逆に他の方角でも時間によっては日は当たります。
内見に行ったときに確認してみましょう。

内見に必須なアイテムとチェックポイント

imasia_15100528_M

内見にはメジャーを持って行きましょう。物件は実際に行ってみないとわからないもの。
不動産屋さんの見取り図でイメージしていたものと違うこともあります。
また部屋の広さを把握することができれば置く家具のイメージができ、買い物の参考になります。

内見のチェックポイントとしては3つあります。

(1)共有スペース
主に階段や廊下、エントランスなどがあげられます。
これらの場所の管理が行き届いているか、実際に住んでいる人がどんな生活をしているのかある程度わかります。やはり共有スペースが汚い物件は注意した方が良いでしょう。

(2)部屋のドアや窓
実際に開け閉めをして確認しておきましょう。間取りがどんなにいい物件でも、ドアが閉めにくかったり、傾いていたりする物件はいい物件とは言えません。いざというときにドアや窓がきちんと開けられる物件かどうか確認しましょう。

(3)キッチン
自炊をする人はかなり重要なポイントですよね。
調理スペースがあるかどうか、実際に料理をしたときに不便ではないかイメージすることをおすすめします。キッチンの広さは充分でも調理スペースがない物件も多く、後悔するポイントになりやすいです。内見のときにキッチンに立って、料理をするときの動作をイメージしてみましょう。

まとめ

参考になりましたか?
初めての一人暮らしは不安なことが多いと思いますが、自分にピッタリのいい物件を見つけて素敵な一人暮らし生活を送りましょう!