初めてのお部屋探しに! あらためて知りたい間取りの特徴とは

初めての一人暮らし。お部屋を探す際、気になることのひとつに間取りがあります。
初めてだとあまり深く考えずにお部屋を借りる可能性がありますが、毎日過ごす部屋だからこそ快適に暮らせないと意味がありませんよね。
一人暮らしのお部屋でおすすめの間取りは1K、1R、1DK、1LDKだと思います。
それぞれの間取りにはそれぞれの良さがありますので、あらためて4つのタイプの間取りの特徴と、東京都内での家賃相場をご紹介します。

imasia_4995085_M

一人暮らしの定番は「1K」

Japanese style room interior

1KのKは「Kitchen(キッチン)」という意味です。
このタイプは、キッチンは廊下と一体化している場合が多いです。
キッチンと居室がドアなどで仕切られているため、調理時の臭いが部屋に広がりにくくなります。特に自炊をする人におすすめですね。
1Kでも少し広めな長方形の間取りを選べば、居室にソファー、テーブル、ベッドなどの大きめの家具もじゅうぶんに置けると思います。
正方形の間取りだと家具が配置しにくいという難点があるので、お部屋を選ぶ際は家具の置き方も考えながら選びましょう。
家賃相場は6.5万~10万円くらいです。家賃が安いわりには、部屋を快適に使うことができる点で一人暮らしの定番の間取りとなっています。

お部屋全体を広く使える「1R」

imasia_10399187_M

1RのRは「Room(ルーム=居室)」という意味で、お部屋の中にキッチンも併設されている間取りです。
一人暮らしの女性だと、来客のときに玄関からお部屋の中が丸見えという難点がありますが、キッチンがつながっている分、お部屋全体を広く使うことができます。
あまり自炊をしないという方や、仕事が忙しくて寝るだけでじゅうぶんという方にもおすすめです。家賃相場は5万~9万円くらいで、周辺の環境や構造が同じなら、1Kと比べて家賃が安いのが一般的です。

“寝る”と”食べる”をわけたい方には「1DK」

imasia_12437102_M

1DKのDKは「Dining(食事室)」+「Kitchen(キッチン)」。つまり、1R+ダイニングキッチンという間取りです。
1Kと形は似ていますが、居室が1部屋あり、4.5畳以上8畳未満のダイニングチッキンがあれば1DKとなります。
一人暮らしでも、キッチンにダイニングテーブルを置いてごはんを食べることができます。
ベッドなどを居室に置いてくつろぐスペースと、食事ができるスペースをきっちり分けたい方には、1DKをおすすめします。
家賃相場は7万~11万円くらいですが、1Kとそう変わらない額なので、同じくらいの家賃でより広い1DKの物件が見つかるかもしれません。

理想の快適さを求めるなら「1LDK」

imasia_6743965_M

1LDKのLは「Living(リビング)」で、「LDK」はリビング・ダイニング・キッチンの頭文字です。
居室が1部屋で、ダイニング・キッチンの広さが8畳以上であり、それにリビングが加わると1LDKです。
一人暮らしのお部屋として十分な広さがある1LDKですが、やはり広いぶん、家賃相場は13万~20万円くらいと上の3タイプと比べて高めなところがほとんどです。
どうしても、手ごろな家賃で1LDKに住みたい方は、都心から少し離れたところで、駅からかなり遠かったり、築年数が古めだったりする建物の条件で探してみましょう。相場と比べて家賃が安い物件が見つかる可能性があります。
1LDKは快適に過ごせる広さが本当に魅力的です。お友達をたくさん呼んでパーティを楽しむこともできそうですね。

まとめ

いかがでしたか?
これから一人暮らしをする方のために、4タイプの間取りの特徴と家賃相場を紹介しました。
家賃や暮らし方と一緒に「どれくらいの広さのお部屋が適切なんだろう」と、しっかり考えることがポイントです。
無理がない自分に合った間取り選びをして、快適な一人暮らしを楽しんで下さいね!