知っておきたい! 引越し業者の見積りで失敗しないポイントとは

2015.06.16

「さあ引越ししよう!」となったとき、迷ってしまうのが引越し業者選びだと思います。探してみると何十社もあり、各社によって引越し費用がいくらかかるのかもわからなくて心配ですよね。
そんな不安を解消するためにもおすすめなのが、業者に「見積りを出してもらう」ことです。しかし、きちんと見積もり依頼の仕方を知っておかないと、あとあと損してしまうことがあります。そこで今回は見積り依頼で失敗しないためのポイントをいくつかご紹介します。

imasia_15191104_M

やっておくと安心! お得な「訪問見積り」

imasia_10037086_M

最近ではインターネットで簡単に見積もりができるところが多いですが、実際に引越しとなったときに追加料金が発生したり、トラブルが起きてしまったりすることもあるためよく確認しましょう。また電話やメールでの見積もりをする場合、実際に荷物を見られないため若干余裕をもった見積もりになっていることがあります。
まずはめんどうでも一度業者に訪問してもらい、正確な見積もりを取ってもらうことをおすすめします。
業者もたくさんあるので、最初にインターネット上で簡単にできる見積もりをして、3、4社くらいに絞ったうえで実際に訪問見積りを依頼するのがいいと思います。他の業者と競って金額が安くなる場合もありますので、答えはその場で出さず「もう少し検討させてください」と伝えることもポイントですよ。

単身パックなどのお得なプランを利用!

主な家電用品以外で、あまり荷物がない方におすすめなのが単身パックです!
また、引越し業者によっては単身パックの他にもおトクな料金設定のプランもあるので、ホームページでチェックしてください。ただし、荷物の量を読み間違えて積載量を超えてしまうと、逆に割高になってしまうことがあるので、確認しておきましょう。
ご自身の引越し時間や曜日の融通が利く場合は、引越し日を休日ではなく平日にしたり、時間を指定しないフリータイムで申し込むと安くなることも覚えておくといいと思います。譲れるポイントがあれば、引越し業者に相談や交渉をしてみるのも一つの手ですね。

大型家具は転居先で購入するほうがいいことも!

引越し料金は必要なトラックのサイズや作業員の数で料金が変わってきます。そのため、大きなベッドなど容量の大きな家具はリサイクルに回し、現地で新調したほうがお得になる場合もあります。また、「必要と思って引越し先に持っていったけど、ほとんど使わず不用品になってしまった」ということも多いようです。
引越しは、本当に必要なものとそうでないものを見極めるいい機会にもなるはずです。しっかり仕分けをして、不要なものは処分しましょう。
自宅で不用品を処分する際は、粗大ごみの料金がかかってしまうこともあります。最近は引越し業者が不用品の買取りサービスを行っている場合があるので、ぜひ確認してみてください。

オプション内容を確認して、見積りと当日の誤差をなくそう!

imasia_8651127_M

引越しの基本料金には、搬入や搬送、積み降ろし、養生など引越しに欠かせない作業が含まれていることがほとんどです。しかし、引越し業者やプランによっては、家具の梱包や配置が基本料金に含まれない場合もあるため確認しましょう。
また、荷造りや荷解き、エアコンの着脱などはオプションの場合もあります。どこまでが基本料金に含まれ、何がオプションになるのかを確認し、必要に応じて追加していきましょう。
ご自身が希望するオプションサービスがきちんと記載されているか、希望していないものが記載されていないかを確認することも、失敗しない見積りのポイントです。

まとめ

見積り依頼で失敗しないためのポイントをご紹介いたしましたが、いかがでしょうか。
ポイントを踏まえた見積りを依頼することが、納得の引越しにもつながるはずです。お得にそして賢く見積りを依頼して、引越し当日を安心した気持ちで迎えましょう。