引越しで断捨離!分類分けでココロもお部屋もスッキリ!

一人暮らしの狭い部屋をなんとか広く使いたいけど、荷物ってすぐに増えちゃいますよね。引越しをきっかけに、ものを減らして不要なものも一掃したい!そう思ってもいざ片付けを始めると、懐かしいグッズが沢山出てきて手をとめてしまったり、何となく思い入れがある気がして捨てるに捨てられなかったり、思うように捗らないのがお約束。そこで、効率的に断捨離するおすすめの手順をご紹介します♪新しい季節の始まりと共に断捨離をして、同時にココロもスッキリさせてしまいましょう。

引越しで断捨離!分類分けでココロもお部屋もスッキリ!1

洋服は3つの箱または大きめの袋を用意して分別する!

woman choosing clothes

「いるもの」「いらないもの」「保留にしておくもの」の3つのカテゴリーに分けましょう。何も考えずにとにかく分別していきます。イメージはゴミの分別と一緒。ものへ対する思い入れや思い出は一切考えずに、今現在の自分に必要なのかそうでないのか、はたまた判別できないものなのかを直感で分けていきます。自分ひとりで分別する踏ん切りがつかなければ、友人を何人か呼んで協力してもらうのも楽しいですし効率的です。自分の主観だけでは無く、他人の意見が入る事で冷静になれて本当に不要なものを見極める事ができます。映画『SEX AND THE CITY』でも、衣装持ちの主人公キャリーが引越しの際に女友達を呼んで分別ファッションショーを開くシーンがありますが、そんなイメージです。分別が終わったら、「不要なもの」はそのまま箱に詰めてネット買取で処分してしまいましょう。「保留にしておくもの」は、残った「いるもの」とのコーデが浮かんだら残して、浮かばないものは「不要なもの」と一緒にまとめて処分します。「いるもの」だけになったクローゼットを眺めて新しい季節にあったコーディネートを考えたり、新たに付け加えたいアイテムを買い足すものリフレッシュになって気持ちが良いものです。

最近の食生活を洗い出して必要なものを見極める

引越しで断捨離!分類分けでココロもお部屋もスッキリ!3

一人暮らしで一番整理しやすいのがキッチン用品!キッチンでの不要なものの処分にはまず、自分の日々の食生活を見つめ直してリスト化することから始めましょう。例えば、「一時期お菓子作りにハマって道具を色々買い揃えたけれど、ここ半年間ほとんど作っていない」とか、「ブロックのお肉を調理しようと買った大きなお鍋は重くて、ほとんど使用していない」とか、今の自分の食生活やお料理の習慣の中で常に使っていない調理器具やグッズは捨ててしまいましょう。買った時の事を思い出すのはNG。なんとなく思い入れが出てきてしまい、また使う機会があるかもしれないと良い方に解釈しがちなのでやめましょう。念頭に置くのは、今の自分の生活に必要かそうでないかという事です。期間は半年がひとつの基準。半年間ほとんど使用しなかったものを今後また使用しだす可能性はとても低いです。もしどうしても手放すのが惜しい場合は家族や友人に譲りましょう。必要な時は借りるようにすれば良いのです。

良い思い出だけ残しましょう♪

woman with earrings, wedding ring and gift box

処分しづらいものの中に思い出の品があります。誰かにプレゼントされたものはなかなか捨てどきが分からないものですよね。
そんな時の分別方法のひとつは、手にとった時に不快な気分になるものは、どんなに良いもの、高級品でも即処分。反対に、手にとった時に懐かしくて良い思い出があるものは残しておくという方法です。ここでも直感が大切です。もしも何も感じないものが出てきたらそちらも即処分。イメージとしては、自分が心地よいものだけに囲まれて、日々を前向きに過ごしていける様な環境づくりをすることです。人間は思い出すことで記憶がより定着していくと言われています。もしも不快な思い出のものがいつまでも部屋の中に残っていたら、今後より良い日々を過ごしていく上で妨げになると思いませんか。またこんな良い思い出を作れるように、素敵な日々を過ごそうと思える事が大切です。

まとめ

引越しは断捨離をする良いきっかけです。
不要なものを処分すると、新しくより良いものを受け入れる空間ができます。
引越しをきっかけに、本当に必要なものだけに囲まれて、一人暮らしの空間をより快適にして、心機一転素敵な毎日を送りましょう。