お洗濯もデキる女子になろう!「部屋干し」の知恵と便利グッズ

そろそろ梅雨入りの時期ですが、みなさんは洗濯物をどこに干していますか?
女性の一人暮らしでは、防犯上ベランダには干したくないという方も多いと思います。
また「アレルギー体質だから」と花粉や最近話題になっているPM2.5や黄砂などの有害物質を気にして、外で干さず部屋干しにしている方もいます。
しかし部屋干しは正しく干さないと、生乾きで「部屋干し臭」がしたり、結露やカーテンにカビが生えたりしてしまうことをご存知ですか?
お部屋を清潔に保つためにも、これらを防ぐためにできる部屋干しの知恵と便利グッズをご紹介します。

iStock_000019462959_Largeresize

乾いてる? 潤っている? まずは湿度チェック

iStock_000061001680_Medium

まずは部屋の湿度を目で確かめましょう。
室内は40~60%くらいが風邪をひきにくく、ちょうどいい湿度だといわれています。40%未満の場合は、加湿代わりに洗濯物を利用してもいいかもしれません。しかし、60%以上の潤っている状態で部屋干しすると、カビや雑菌の発生原因になる可能性があります。その場合は室内でもバスルームに干すことをおすすめします。
温度湿度計は100円ショップでも売っているので、お部屋、洗面所、エアコンなどの近くにも置けるように2~3個買っておくのがいいでしょう。湿度をチェックすることでカビ菌の発生を防ぎましょう。

部屋干しと言ったら、臭う? その原因は…

Agar plate with bacterial colonies on dark background

部屋干しの悩みといったら「部屋干し臭」ですよね?
「部屋干し臭」の原因は洗濯物が長時間湿った状態によって、菌が繁殖してしまうところにあります。「モラクセラ菌」という微生物が臭いの原因だといわれています。
では、この臭いを消すポイントはどこにあるのでしょうか? それは「除菌」をすることです。
「除菌」といってすぐに思い浮かべるのは、TVCMでおなじみの「除菌スプレー」ではないでしょうか。
臭いが気になったら、シュッシュと洗濯物にスプレーをしますよね。これはとても効果的なんです。また、洗う際に除菌効果のある洗剤や柔軟剤を使うことも効果があります。
除菌効果だけでなく、臭いを香りでカバーする芳香効果の高いタイプも人気があります。ただ、入れすぎてしまうと香りが強く付きすぎてしまう場合があるので注意しましょう。

どうやって部屋に干すかが大事

洗濯物を干すときには、なるべく早く均一に乾かすことを意識しましょう。
誰でも一番にやってしまいがちなのが、カーテンレールに引っ掛けて干すことです。「この干し方は窓から太陽の光が当てられそう」と思いますよね? しかし、それは間違いです。
実は洗濯物が窓やカーテンに当たって、なかなか乾かず「部屋干し臭」が発生しやすくなってしまうんです。早く乾かすためにも洗濯物と洗濯物が重ならないように、均一に乾くような工夫が必要です。
置くスペースがある場合は、折り畳みやコンパクトに収納ができる、部屋干し用の物干しがおすすめですよ。

掛けたり、吊るすなら…

4901105344326

http://item.rakuten.co.jp/interior-palette/4901105344326

「洗濯物を置くスペースなんてないよ」という部屋には、上から「吊るす」「掛ける」タイプの物干しもあります。
壁に付ける「つっぱり棒式」だと重さで洗濯物が落ちてしまう可能性があるので、ドア用ハンガーフックやかもい掛けをおすすめします。ハンガーを掛けて一緒に使うと便利です。
インテリア性がある値段が高めのものから、100円ショップで買えるタイプまでいろいろあります。
大きめのものが欲しい場合は、通販サイトで「室内物干し」と検索するとたくさんヒットしますから、ぜひ一度探してみてください。
わたしは、エアコンにひっかけるタイプと、引き戸に貼りつけるタイプを一番おすすめしたいです。

バスルームで干すときには…

kz-k001-03top

http://item.rakuten.co.jp/auc-ryo-sty/10001152

バスルームで干す場合、乾燥機能が付いているお部屋がありますが、乾燥機能がなくても換気扇や小窓で、風通しをよくして乾かすことが可能です。
最近のユニットバスには湯船の上にポールがかかるようになっていて、洗濯物が干せるような作りもあります。それだけでは足りない場合は、浴槽に渡す折り畳み式のハンガーなどがありますので、大きなものは上のポールに、小さいものは下の浴槽にと分けて干すのもいいと思います。「東急ハンズ」や「ニトリ」などの家具雑貨店で探してみてください。
また大きなものを干したい場合、針金ハンガーのバスタオル版「バスタオルハンガー」なども便利です。浴室で使うタイプとしてはさびないステンレス製や、耐熱性のあるものを選びましょう。

老舗のライフハイト製品はさすがです

151950101

http://item.rakuten.co.jp/analostyle/1102802/

最後に紹介するのは、ドイツの「LEIFHEIT(ライフハイト)社」の製品です。このライフハイト社が販売している部屋干しアイテムが通販で根強い人気を誇っています。
室内の利用はもちろん、バスルームでも浴槽の上で立てやすい脚になっているので、壁に立てかけたり、浴槽の上に立てて使うこともできます。浴槽の上に渡して平干しすることもできるんですよ。
使い終わったら折りたたんでしまえるので、収納の場所を取りません。1台でたくさんの洗濯物を干せるのでとても便利です。ネットで取り寄せることができるのでチェックしてみてくださいね。

まとめ

ちょっとしたコツで、部屋干しの悩みが解消できます。部屋を快適にするためにも、湿度をチェックすることを忘れずに、便利なグッズを使って早く乾燥できるようにしましょう。こうしてお洗濯もデキる女子になりましょう。